Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

週間売れ筋ランキング

売れ筋ランキングの第一位は「空調服 ポリエステル製長袖ブルゾン P-500BN 【カラー:シルバー サイズ L】」です!サラッとした肌触りで夏場でも着やすいポリエステル素材100%の空調服!薄い色のシルバー、日本人の平均体型である「Lサイズ」が堂々の第一位です!売れ筋ランキング第二位は「空調ヘルメット HM-AC01」!なんと空調ヘルメットが二位になってしまいました。空調服はサイズ・色が豊富なので売り上げもばらけて、ヘルメットがごぼう抜きの二位です!第三位は「空調服 綿薄手長袖作業着 M-500U 【カラー:モスグリーン サイズLL】」です!丈夫な綿素材の空調服が第三位に。薄い色は定番の人気ですが、サイズはLLサイズが人気という結果になりました!

空調服が涼しい理由

空調服が涼しい理由

空調服はまだまだ広く普及しているわけではないので、いったいなぜ涼しいの…?と疑問に感じている人も多いと思います。空調服の特徴として「ファン付きの作業着」という感じになるのですが、実は扇風機で涼しむのとは少しワケが違います。空調服が涼しい理由は、言葉で言うと「気化熱」という現象を利用しているんですね。気化熱というのは「水分が蒸発するときには熱を奪っていく」という現象。空調服はその現象を利用することで抜群に涼しく快適になるんです。言葉で説明しても分かりにくいかもしれませんね。気化熱を最も感じることのできる状態を紹介します。

空調服が涼しい理由

それはお風呂上りに扇風機の風を浴びることです。扇風機の風は冷たくありませんが、濡れた体に当てるととっても涼しいですよね。あれが気化熱です。体の表面の水分が扇風機の風で蒸発し、その時に体の表面の熱を奪っていくのです。実は空調服は常にその状態を維持することができます。尋常じゃない汗をかけばかくほどファンが送る風でどんどん蒸発し、常時ヒンヤリした状態を作ることができるんですね。だから生ぬるい風でも全く問題ありません。風はとにかく汗を蒸発させることが目的なので、外気温で暖められた風でも涼しいというわけです。

ピックアップ

ページ先頭へ戻る